ら行の用語

Category : 介護用語集

リバースモゲージとは

自分が所有している家を担保にして融資を受ける事が出来るシステムで、老後の生活資金を準備できる方法です。
本人がお亡くなりになった場合、担保となっていた持家等、不動産を売却し、借入していた費用の一括返済に利用します。
リバースモゲージには地方自治体の運営によるサービスと、民間金融機関が運営するサービスがあります。

リハビリテーションとは

病気、怪我などにより心身に障害を持っている方が、日常生活や社会生活を自立して問題なく送れるように、訓練や治療を行う事をリハビリテーションといいます。
日常生活や仕事などのほか、旅行、買い物など余暇に関して、社会生活を出来る限り円滑に行う事が出来るよう目指す訓練、治療です。

利用権方式とは

有料老人ホームへの居住について、権利形態の一つの方式を利用権方式といいます。
建物賃貸借契約、終身建物賃貸借契約以外の方式です。
入居時に一時金を支払う事で、有料老人ホームに暮らす権利、生活支援等、施設のサービスを利用する権利を得る方法です。

老人福祉施設とは

老人福祉法に従って、都道府県や市区町村、また社会福祉法人等により設置された老人施設のことを老人福祉施設といいます。
老人デイサービスセンター、老人福祉センター、老人短期入施設などの在宅サービス施設、また養護老人ホーム、経緯老人ホーム、特養などの入居施設があります。
老人福祉法上、老人福祉施設とされない有料老人ホームについては、老人福祉施設と別の施設として考えられます。

老人保健施設・老健とは

高齢者の方が病気やけがをした場合に医療機関に入り、退院後、自宅に戻る際、必要な機能回復を行うため利用するリハビリテーション等行う施設を老人保健施設・老健といいます。
在宅での日常生活が少しでも円滑になるよう、集中的なリハビリテーションを行います。
医療機関と自宅の中間的位置にある施設と考えられています。
ただし入所できる期間が限られており、在宅復帰が可能かどうか判断するための入所判定会が行われ、判定によって退所しなければならない場合もあります。

老老介護とは

核家族化が進む中、老夫婦だけの生活も多くなっています。
その中でいずれかが介護を必要とする状態になった際、自身も高齢であるにもかかわらず、パートナーの介護をしながら生活するという状態になります。
この状態を老老介護といいます。
介護する側も高齢であり、疲労の蓄積などから体調を崩し、介護倒れとなる事も多く、また介護する側も次第に介護が必要となっていくこともあり、高齢化が進む日本においては深刻な問題とされています。

流動食とは

普通食を飲み込みやすくするためにミキサーにかけるミキサー食とは違い、牛乳や重湯、葛湯など、液状若しくは口の中で解ける飲み込みやすい食事を流動食といいます。