な行の用語

Category : 介護用語集

ナイトケアとは

夜間介護が必要な認知症高齢者などに対し、ご家族等、夜間の介護が困難という場合に利用できるケアをナイトケアといいます。
地域の老人短期入所施設、また特養老人ホームなどが夜間、一時的に保護します。
夜間介護が困難、また継続的に夜間介護を行っていることで心身の疲労が絶えないご家族の負担を軽減し、認知高齢者が在宅生活の中、生活を向上させるためにも利用される支援です。

二次判定とは

介護保険サービスの利用に際しては、要介護認定を受けることが必要です。
要介護認定の際、各市町村が行う判定の一つで、一次判定の結果を踏まえて行われます。
審査は介護認定審査会が行い、特記事項と主治医の意見書、それにご家族の意見書など書類を参考にして、要介護認定の最終決定がされます。
この二次判定の結果、要介護認定されると、要介護度、それに応じた給付限度額が決定します。

入居一時金とは

有料老人ホーム入居時に支払う費用を入居一時金といいます。
月額利用料とは別に、入居時、専用居宅、共用スペース利用権利について支払う費用です。
家賃前払金として考える施設もありますが、生活支援サービス、介護サービスなどを就寝的に利用する権利のための費用として費用を算出する施設もあります。

通常この入居一時金は、返還金制度が設けられており、償却期間を終える前に退去等となった場合は、入居期間に応じて入居一時金が返還されることになっています。
一般的に入居一時金の一部について、初期償却分として差し引かれる施設が多いです。

入居契約書とは

入居に関する条件等がかかれており、有料老人ホーム入居時に、事業者と利用者が交わす契約書を入居契約書といいます。
入居時の契約の際には重要事項説明書が渡されますが、この説明書と共に入居契約書に記載されていることを読み、正しく理解しておくことが重要です。
不明な点等があれば専門家に聞く、また直接有料老人ホームに確認する等して理解に努めましょう。

入居者基金制度とは

入所者基金制度に加入しているのは、全国有料老人ホーム協会に加盟している老人ホームです。
事情によりホームを退去せざるを得なくなった場合、また老人ホームの事業主体企業等が倒産しホームの居住が困難となった場合に、入居者に対し救済措置として費用が支払われます。

基金から支払われる費用は入居者1人に対し500万円です。
入居者基金制度に加入するための費用「20万円」については、事業者の負担とすることが定められています。

任意後見制度とは

財産管理や遺産分与などに対し判断能力が低下した認知症、また知的障害、精神障害をお持ちの方が有料老人ホームを利用される際、契約などの支援を行う制度を、任意後見制度といいます。
本人の判断能力が十分あるうちに、あらかじめ後見人などをご自分の意思で選びます。
選出した後見人とご本人が任意後見制度を締結する事で、老人ホームに入居する際の契約、その他ざいさん管理などに対し、代理権を付与します。