パジャマや下着の着替え介助

Category : 介護の基礎知識

自立を促すサポートが大切な着替え介助

介護を必要とするタイミングは人それぞれですが、決定的となるのは日常動作を自力では出来なくなってしまう時です。

高齢者に多く見られる重要疾病の脳梗塞や脳出血、くも膜下出血といったような症状は、早期に発見ができて治療に成功しても、大半のケースで体に麻痺が残ってしまいます。

体に麻痺が残ると着替えという日常に必要な重要な動作ができなくなってしまいます。
しかしだからといって介助をする人が着替えの何もかもを手伝ってしまっては、ますます体の動かない部分が増えていってしまいます。

介護を受ける側にとっては自立した生活を送れなくなってしまったことだけでも十分なショックなのに、そこに「介助者がいなければ着替えもできない」といった現実を見せつけられると、一気に心が折れてしまいます。

高齢者にとっての大きなストレスはそのまま認知症などの重大な精神面への悪影響となります。
ですのでまずは介護を行う人と話し合い、どこまでができるかということを確認していきましょう。

まず半身麻痺の症状が起こったときにできなくなることとして、ボタンはめがあります。
ですので自力で着替えが困難になった高齢者が使用するパジャマや下着においては、ボタン式ではなくスナップやマジックテープを使用したタイプのものにするのがおすすめです。

丸首型のかぶって着るタイプの洋服は一見着にくそうに思えますが、案外半身麻痺の人でも簡単に着脱ができるので、あまり気にしなくてもよいでしょう。

自力でパジャマの着脱がしやすいように、トレーナーやフリースなど伸縮性があって着やすい素材のものを選ぶということも大切です。

声掛けをしながら次の動作を指示してあげる

パジャマや下着を交換するとき、自力で体を動かせるならできるだけ介助者は手を出さず、どういった方法で脱ぎ着をするか傍で見ながら指示をしていくようにします。

コツとしては半身麻痺の場合、着る時は麻痺のある側(患側)から行い、脱ぐ時は動かせる方(健側)から行うようにするということです。

これを介護用語で「着患脱健」といい、この原則を理解しているだけでかなり着替えが楽になります。

着替えをするときには用意した衣類を本人の膝に乗せてあげるなどして渡し、「シャツを着てみましょう」といったように、これからすることを明確に言葉で教えてあげます。

着る時はまず動く方の腕で、動かない方の腕に袖を差し込んで肩まで引き上げ、丸首なら首に通し、前開きなら肩を回して反対の手を袖に入れるようにします。

脱ぐときには逆に動く方の腕から袖を抜き取るようにします。
首を抜けると、あとは重力でするりと落ちてくれるのでかなり楽に作業ができます。