Posted in 介護の基礎知識

大人用おむつに関する知識

大人用のおむつを使うべきときとは

高齢者への介護の中でも、初めて使用するときにかなりの抵抗が見られるのが大人用のおむつです。
排泄は自立した人間として生活を送る最後の砦ともなるもので、おむつをつけなければならなくなることを「恥ずかしい」と感じる高齢者の方もたくさんいます。

介護をする側にとってはできるだけ楽にしたい思いがあるため、失禁されるくらいならさっさとおむつをつけてもらいたいと思うかもしれませんが、相手の自尊心を尊重して出来るだけ慎重に提案しなければいけません。

仮に使用せざるを得ない状況になっても一方的に理屈や正論で説得しようとするのではなく、相手の気持ちをよく聞き、十分に用途を納得してもらった上でつけてもらうようにします。

大人用おむつといっても種類は非常に数多く、軽い失禁対策のものから、寝たきりでも使える本格的なものまでさまざまです。

選ぶ時には尿量の多い・少ないから種類を決めるようにし、必要に応じて使い分けていくようにします。
ほとんどの人が最初に使用することになるのが、くしゃみや咳などにより尿もれをしてしまうようになったときに使う「尿パッド」です。

尿パッドは生理用ナプキンが一回り大きくなったような形状のもので、専用のパンツを着用して股の間に差し込みます。

失禁用パンツは前側が開くようになっており自力でも簡単に交換をすることができるので、介護は必要ではないけれどもちょっと失禁が気になるという人が長距離の移動をするときに着けておくときにも使われます。

本格的なおむつと使用するときの注意

自力で立ち上がることが難しくなったり、トイレまでの移動がどうしても間に合わないという人が着けることになるのが、本格的に腰回りをカバーする「パンツタイプ」もしくは「テープ止めタイプ」のおむつです。

これらは赤ちゃん用のおむつと同じく、それ自体がパンツの代わりになる非常にサイズの大きなものです。

下着のように履くことができるタイプのおむつはかなりしっかりカバーしてくれるので、きちんと着用しておけば尿もれなどを起こす心配はありません。

おむつを嫌がる人がいる一方で、一度着用するようになると心配から必要以上にサイズの大きいものを着用したがる傾向もまた高齢者にはよくあります。

しかしパンツタイプのおむつなどはかなりサイズが大きいことから、着用してしまうと外出用のズボンやスカートが入らなくなってしまうことがあります。

歩行の妨げにもなってしまいますので、最初からフルサイズのものを使用するのではなく、可能な限り小さいものから使い始めるようにする方が望ましいです。

フルサイズのパンツタイプやテープ止めタイプのおむつは夜間のみにするなど、介護を受ける人の様子で判断をしていってください。