Posted in 介護の基礎知識

寝たままの状態で洗髪するには

ベッドの上でもシャンプーをすることができます

寝たきりの人を介護するとき、非常に苦労をするのがシャンプーです。
体の汚れは全身を清拭することで衛生を保つことができますが、シャンプーの場合は布で拭き取って終わりにすることができません。

普段は寝たきりやそれに近くても、自力で座位を取ることができれば車椅子で浴室に運んで頭にシャワーをかけることもできますが、完全に寝たきりで起き上がることができない場合にはそれも適いません。

しかし、ベッドに横になったままでも手軽にシャンプーをすることができる便利な器具もメーカーから販売されています。

「洗髪用パッド」と言われるもので、ビニール製のC字の溝がついており、開いた場所から水が流れ出て下に落ちるようなしくみになっています。

使用をするときには、まずベッドの上に防水シーツとバスタオルを敷き、その上に洗髪用パッドを置きます。
介護を受ける人の首の下あたりに溝の出っ張りを差し込むようにし、水を逃がす部分をベッドの下に向けて大きなバケツで排水を受け止めるようにします。

気持ち頭が下向きになるように、膝の下辺りに枕やバスタオルを畳んだものを差し込み、途中で動かないようにシーツや毛布で体を包んでおきます。

あとは溝から水が溢れ出ないように介護をする人の頭にお湯をゆっくりとかけ、まんべんなく濡らすことができたら頭皮をマッサージするようにシャンプーをしていきます。

上からお湯をかけるときには温度に注意をし、40度くらいのお湯を片手で持てるピッチャーなどに入れて注ぐと簡単にできます。

頭頂部だけでなく頭側部や首の後ろのあたりも丁寧に洗うようにし、最後に同じくピッチャーを使ってゆっくりとシャンプーを流していきます。

最後に水を丁寧に拭き取ったらドライヤーをかけるのですが、お湯よりもむしろドライヤーの温度設定は難しいものです。

耳や顔などの熱さを感じやすい所にはあまり近くまで風をあてないようにし、焦らずじっくり時間をかけて髪の毛を乾かしてあげてください。

ちょっとした工夫で自宅にあるものでも代用可能

寝たきりの人へのシャンプーでは、水の要らないシャンプーを使うというのも便利です。
水の要らないシャンプーは災害時用として多く販売されていますが、自力で移動が困難な高齢者の介護でも大活躍します。

水の要らないシャンプーはスプレータイプや泡タイプなどがあるので、いくつか試してみて使いやすいものを選んでみるとよいでしょう。

また先に紹介した洗髪用パッドですが、専用のものを購入しなくても家にあるもので代用が可能です。
大きなビニール袋の中に大きめのバスタオルを縦に丸めたものを差し込み、中でCの字を作れば、簡単に出来ます。