Posted in 介護の基礎知識

靴を履く時と脱ぐ時の介助方法

介護用靴の種類と選び方

介護が必要になった人の多くは、自力で着脱をすることが困難となっています。
そのため衣類や身につけるものは市販品として販売されているものではなく、介護用として開発されたものを使用するのがおすすめです。

介護用の衣類・靴は、一見通常の製品とほとんど変わらないようなデザインをしているにも関わらず、細かい部分に工夫が施されています。

具体的には、履いた時に足の甲やつま先に触れる部分が柔らかくできていたり、靴の上側が大きく開くようになっているといったものです。

自力で靴を履くことができなかったり、歩行が困難という人にも様々なタイプがおり、関節痛やリウマチ、むくみや変形、足腰そのものが弱ってしまっているといったことが挙げられます。

介護用靴はそうした症状に応じて使いやすいように加工されているのです。
体が弱くなって歩くことが困難になると、どうしても外出が億劫になり室内に引きこもりがちになってしまいます。

介護用靴は単に着脱がしやすいということだけでなく、外出に際しての負担を軽減して外に出たいという気持ちを後押ししてくれる大変重要な意味があります。

靴を選ぶときにはできれば実際に履いて試すことができる場所で購入をするのが望ましく、シューフィッターや介護用品のプロに見てもらうのが最もよい方法です。

インターネットや通販で購入することもできるようになっていますが、初めて購入をするときには通販ではなく実物を確認してから注文をしてもらいたいです。

どうしても通販で購入する場合には、サイズの測り方が必ず掲載されているはずなので、メジャーで足の周りや長さを計測してサイズ合わせをしてください。

室内用の介護靴があるとリハビリに便利

介護用靴にはいくつか種類があるので、室外用と室内用の二種類を買っておくと便利です。
いずれもマジックテープなどで履く時に上が大きく開くので、介護をする人は足元に置いてあげれば底に足を乗せるだけで簡単に着脱ができます。

自力で座ることができる人なら、座ったときに足元に置いておけば介護者の手を借りなくても簡単に靴を履くことができます。

靴の着脱は体を屈めてベルトを固定するという時間のかかる作業です。
介護をする人からすると面倒なので自分の方でパッパとやってしまいたくなりますが、最初に靴の着脱を介護者がやるという習慣をつけてしまうと、介護を受ける人に「靴は履かせてもらうもの」という意識がついてしまいます。

こうした本来自力でも出来るはずのことをしてしまうのは一見親切なようで、介護を受ける人のためにはなりません。
そのため介護をする人は、できるだけ本人が負担なく履くことができる靴を選んであげるようにしましょう。