Posted in 介護の基礎知識

歩行介助の注意点

歩行介助をするときの注意点

歩行介助は足腰が弱くなり自力ではしっかり歩くことができなくなった高齢者に連れ添い、安全に歩行をすることができるようにしてあげる作業です。

筋力が弱くなってくると上半身が前かがみになってしまうので、歩幅が小さくなり不安定な姿勢となります。

歩くスピードが遅くなることはもとより、かがんだ姿勢になることで視界が狭くなり、周りの障害物に気づきにくくなってしまいます。

そのため歩行介助をする時には出来るだけ姿勢が前向きになるようにし、無理のない歩幅で歩けるように、ゆっくり動作を助けてあげるようにします。

歩行介助をするときに選ぶのが歩行補助具です。
歩行補助具は杖や歩行器、歩行車といったものが挙げられます。

体の麻痺や関節痛はあるものの、基本的には杖を上手に使用することで歩行をしていくことができます。
杖にもいくつか種類がありますが、もっとも使いやすく便利なのはT字ステッキと言われる持ち手のついた一本杖です。

ステッキは介護用品店の他、ホームセンターや日用品店などで簡単に購入できるので、足腰が弱くなってきたと感じたら早めに一本購入しておくとよいでしょう。

杖の選び方としては、まっすぐ立った状態で持つ方の手を約30度くらいに軽く曲げたときに、柄を握ることができる長さになっているものにするということがあります。

1本杖の場合には自分で長さを調節することができないことが大半なので、実際に使う人が立って握ってみるというのが一番確実な方法です。
専門店では調節可能なタイプの杖を微調整してくれたりします。

より足腰などに問題がある場合には、「オフセット型ステッキ」や「ロフストランド・クラッチ」「多点杖」といったものを使い分けます。

室内での移動では正面から支える

屋外を歩行するときには杖を持っていない方の手をつかむようにして横に立ち、一緒に進行方向を見ながらゆっくり歩いていくようにします。

ベッドに座っているか直立している人に向かい合うようにし、自分に向かって両手を伸ばし軽く前かがみになったところで腕を掴んで進んでいきます。

進行方向に対して介護をする人は背中向きになりますが、その分相手の足元や視線をよく見て進むことができます。

ポイントとしては相手の両腕を支えてはいても、自分の方から腕を引っ張って歩幅を広く出させるようなことはしないということです。

半身麻痺がある人の場合、前に出すことができるのは動かせる足の側のみとなってしまいますので、動かない方の足を引きずるときにバランスを崩さないよう気をつけます。

また、男性が介護をする時などは介護される高齢者とかなり身長差が出来てしまうことがあります。
歩きやすいように腰をかがめ、できるだけ目線を近い状態で支えてあげるようにしましょう。