入浴の介護方法

Category : 介護の基礎知識

入浴前のチェック項目を忘れずに

入浴介助を行う時に最も注意しておきたいのが「安全」です。
これは浴室が住宅内でも怪我が起こりやすく、高齢者にとって危険が多い場所であるためです。

そのため入浴介助をするときには浴室内の環境を整えるとともに、いくつかのチェックを済ませておくことが大切です。

具体的には「浴室内は安全か」「本人の体調はよいか」「トイレは済ませたか」「空腹・満腹ではないか」「浴室と脱衣所の温度は温かいか」といったことです。

一度入浴をしてしまうとあとから忘れ物や確認がしにくくなってしまいますので、忘れないようにシートなどを使って準備をしていくようにすると慌てずにすみます。

「浴室内の安全」は、床が滑りやすくなっていないかや、安全に入れるように台などが設置されているかといった部分をチェックします。

バリアフリー住宅や専用の介護施設ならば比較的安全なのですが、一般住宅の場合は浴室の出入り口に大きな段差があったり、そのままでは床が滑りやすくなっていたりします。

高齢者向けの浴室には手すりや足置きなどがあると便利なのですが、リフォームが難しい場合には後付の器具で代用することもできます。

また、冬場の入浴で特に注意したいのが「ヒートショック」です。
これは中年以降の全ての人に言えることですが、寒い浴室や脱衣所で急に裸になると体が冷えて、脳卒中や心筋梗塞といった症状が起こりやすくなります。

浴室乾燥機などがある住宅ならば早めにスイッチを入れ、ない場合もストーブなどを使ってできるだけ他の居室と極端な温度差が出ないようにしましょう。

自力で洗いにくい部分を手伝います

入浴の介助では本人ができるところは本人にしてもらい、どうしても難しい場所のみを手伝うようにしていきます。

自力で洗える場所としては、胴体や腰など座ったままでも手が届く範囲です。
ボディブラシやループタオルなどを使うと背中やお尻も自分で洗うことができるので、そうしたものを使用してもらいます。

逆に自力では洗いづらいところとして、手足(麻痺がある場合)や背中、お尻などがあります。
基本的に介助が必要な人は浴室内の椅子に座った状態で体を洗うので、介助をする場合には少し腰を浮かせてもらい、体が倒れないようにどこかに寄りかかったところを洗っていきます。

慣れないとなかなか大変なのがお湯につかるときの動作です。
本人に筋肉があれば手すりでつかまりながら入浴をすることもできますが、手すりがなかったり本人の足腰が弱かったりするときには介助者が横から支えてあげないといけません。

コツとしては浴槽の真横に椅子を置いてそこに腰掛けてもらい、片足ずつお湯の中に入れてから腰を持ち上げ浴槽の中に体を沈めていきます。