グループホーム

Category : 介護施設の種類

・共同生活が基本となっている

グループホームは近年全国的に増えている施設となっており、一般的な生活を送ることが困難だと判断されてしまった場合のご高齢者が生活する場所となります。
施設といっても生活を送って行く場所はアパートやハイツなどのような物が多く、一つの部屋で数人が共同生活を送っていく形になります。

認知症に対応していくため、共同生活を行っていくといった視点からも非常にニーズが高くなっており、ご高齢者が積極的に入所したいと希望するのも一つの特徴です。
グループホームはそれぞれによって作りが違っているため、設備が整っていたりすると、入居一時金が必要になったり、保証金が必要になったりするようなケースもあります。

月の利用料金に関しては光熱費を含め、家賃や食費、また介護保険に必要な負担金、その他にも必要に応じておむつや着替え等の雑費が必要になります。
契約プランが複数準備されており、ご本人の希望するプランによって生活スタイルも変わっていきます。
入所するには65歳以上で要診療が2以上、または医療介護1以上の認定が必要となります。
地域密着型でグループホームの経営を行っているため、同じ市町村に住民票があれば入所申請をすることができます。

・スタッフの援助を受けながら自立、助け合い

グループホームには介護スタッフが必ず常駐しており、様々なケアが行われていますが、医療ケアが行われていませんので、万が一ご病気になってしまったなどの場合には病院に入院することや、継続して入所が難しくなってしまうようなケースもあります。
非常に前向きな取り組みが行われており、例えば認知症の方が入所した際にもできないことを諦めて終わりにしてしまうのではなく、出来ることから見つけていくといったスタンスを取っています。

そのため、元々は入所前に自分でできなかったようなことでも自然にできるようになり、自立した生活が送れるようになるといった大きな特徴を持っています。
共同生活を送っていくため、入所者は常に同じ部屋のメンバーやその他の入所者と仲良くすることができ、毎日がとても充実したものになります。
定期的にレクリエーションなども行われるので、このような部分でも楽しみを覚える入所者の方々も多いでしょう。

入所する際の一時金や保証金が必要になってしまうこともありますが、一般的な有料老人ホームに比べると、はるかにリーズナブルな価格で入所中は利用することができるため、近年の需要はどんどん高くなっており、冒頭で説明したように全国各地にグループホームが増えています。
大手建設会社などが建物の建設工事を行いますので、作りもとてもしっかりしており、充実した設備の中で生活を送ることができるのも、グループホームの大きな特徴になっています。