Posted in 介護福祉士になるには

介護福祉士を独学で学ぶ

介護福祉士の需要は高まっている

高齢社会になっている現在、福祉・介護の分野での仕事は多く、需要は非常に高まっています。
このような事もあって現在では介護や福祉に関するところで仕事をしている人も大勢いるでしょう。
ただ、そういう所で仕事をしようとする場合、無資格ではなかなか仕事ができないという現実があります。

その為、介護・福祉の分野で仕事をしたいと思ったら、まずは資格を取得するのが重要です。
介護福祉士として仕事をしたいと思ったら、まずはその資格に受かるために勉強からはじめてみましょう。
これはケアワーカーの資格の一つで、取得しておくことで特別養護老人ホームや病院等様々なところで仕事ができます。

実際にこの資格を取得してみようと思うと、なかなか大変です。
その理由の一つが、民間認定の資格ではなくて国家資格だからです。
その為、介護福祉士として仕事をしたいと思っている人は、まずはその資格取得のために勉強をする必要があります。

一般的に良く利用されている勉強方法は通信教育やそれに関する講座等を受けるという方法です。
しかし仕事をしている人とか、なかなか自分の住んでいるところの近くでその講座を受けたりする事が出来ないという人はどうしても誰かに教えてもらうという事ができません。

また通信教育も魅力的ですが、それをコンスタントにできないかもしれないと思っている人もいるでしょう。

独学でやるのはなかなか難しい

そんな時は独学で勉強する事もできます。
ただ前述したように、この資格は国家資格の為、そんなに簡単に勉強をしない状態で取得できるような物ではありません。
だから独学で勉強をする人も、ある程度の勉強時間は必要です。

また、どういう内容を学ぶかも非常に重要でしょう。
確かに全範囲を網羅すれば試験問題がどんな感じであっても対応できるでしょうが、それではあまり効率的な勉強とは言えません。
誰かに教えてもらう場合は要点をしっかりと絞って教えてもらうことができますが、独学の場合はなかなかそれが難しいと言っても良いでしょう。

従って、出来るだけ自分でどういう所が重要なのか見極めて勉強する事、そしてその時に使うテキスト類は、まずは必要最小限の内容が書かれている物から始めるのもお勧めです。
そして次第にステップアップさせていきましょう。

なかなか独学で勉強するのは大変ですが、自分のタイミングで勉強できる点は非常に魅力的です。
自分のペースでしっかりと勉強をすると頭の中に入りやすいといったメリットもあります。
そういう点をしっかりと理解し、効率的に勉強するようにしましょう。