Posted in 介護福祉士の将来性

介護福祉士の未来の為に

介護福祉士は立派な職業

介護福祉士とは国家試験をパスして貰う資格であり、立派な職業であると思います。
この職業を希望する私もいつかそんな位置に行けるように頑張って行きたいと思っています。
介護に対しての需要が高まる中、介護とは介護保険から支払われる報酬に見合うだけの仕事をする事と、常に介護状況が向上するように努める義務もある仕事であると思います。

介護福祉士とは、それ程高額な収入を得られる職業とは言えないようですが、安定した収入を得る事が出来ると言われています。それでも、介護や福祉の分野はまだまだ他の職業に比べて発展の余地のある職業ではあるものの、介護に携わる人の意識1つで介護の質は大きく左右され、それが介護全体の評価にも繋がるものだと思います。

介護福祉士という職業を選択する人は、おそらくは会社を企業する人とは全く違う意識を持ち合わせているのではないかと思います。要は「お金よりも人が好き」なのかも知れません。
どちらが素晴らしいかという事については順位を付けられるものでもなく、どちらにも優劣は存在しないと思います。その理由は、会社を起業しようとする人は、会社の発展の為に全精力を傾け、知識と教養を駆使して努力をするものであると思います。

また介護という人間の尊厳を最後まで守る事のできる職業を選択した人にも、前者と同じくらいの熱意を持ち、努力を重ねていると思います。そんな両者はどちらも同じくらい素晴らしいと思うからです。
という事で、高齢者の方を尊敬し高齢者の気持ちになって考え介護をする事や、知識を更に磨き高齢者の方に関わっている身として、介護の向上の為に創意工夫をして、少しでもレベルの高い介護が出来るように努める事は、介護福祉士の未来を築く事になると思います。

介護に関わる人間の社会的地位向上

私は介護に携わる人の地位が更に向上をする事を希望しています。
医療の現場と介護とは密接なつながりがあると思いますが、医療に携わる仕事の人の方と介護に携わる人は常に対等の立場に位置をして、時には医師に介護をする立場として気付いたことや、配慮をして欲しい事などを堂々と言える位の立場の向上がなされる事を希望します。
いつまでも医療のサポートのような立場でいるのではなく、医療とは別の立場の高齢者の方の大切な存在となれるように、介護の質を更に向上させていくべきであると考えます。これほどの需要を必要とされている介護の分野において、更に介護福祉士の社会的地位が向上をする事を願っています。

それには、介護の仕事とされている沢山の日常の業務を確実にこなす事が大切だと思います。
介護レンタルのホームページにある介護用品を見ていると、高齢者の方を思って作られている物ばかりだと思います。

実際にそちら側に立って考えなければ、出来なかった用品ばかりだと思います。
それは、高齢者の方をお世話する介護に携わる人も同じように相手の身になって考える事が大切であると思います。
相手の事を思って行動する事は、信頼関係を築く為にも効果的であると思います。レクシエーション等の娯楽の提供等でも高齢者の方の生きがいを引き出す事にも繋がります。そんな時の喜んでいる顔を想像すると、とても充実した気持ちになれます。
おそらくはそんな事が仕事のやりがいなのだと思います。
介護福祉士としてのプライドと自信を持って、積極的に高齢者の方と接し、少しでも多くの笑顔を引き出す事が、最も大切な仕事であると思いますし、そこに介護福祉士としての未来があるのだと思います。