Posted in 介護福祉士の将来性

介護福祉士の今後とは

介護福祉士の認知度

家庭での高齢者の看護は主に家庭を預かる主婦の仕事であったのは、もう随分前の事なのかも知れませんが、その流れというべきなのか昔は介護に携わる人は女性の仕事として認知されていたように思います。でも、近頃は介護の仕事に関しては男女の隔てのない職業となっているようです。

高齢者の介護をするという事は、人として大切な事であると共に男性も女性もその特色を活かした介護が期待されているのではないかと考えます。男性はやはり力がある為に、高齢者の方をベッドから起してあげる時には、男性の手を借りる事もあると思いますし、男性の力強さで高齢者の方が安心して体を預ける事も出来ると思います。

一方、女性の介護担当の人でも、介護レンタルのホームページにも掲載されているような可動式の介護ベッド等で高齢者の方の体を起す事も容易になって来た様で、介護をする人の体の負担も軽減してきたようです。その事情を踏まえると女性でも十分続けて行ける仕事なのではないかと思います。

女性ならではのキメ細かい配慮なども高齢者の方には必要な事であると思います。
その事からも介護の職業とは、男女が平等で仕事の出来る職場であると思いますし、需要が絶えずある業界のようなので、仕事が無くなるという心配のない事は、この不況の社会の中では貴重な事であると思います。資格を活かせる仕事の強みは、日本中の何処に行っても同じように介護の仕事をする事が出来る事だと思います。雇用されている会社を辞めたとしても、介護福祉士という資格は残るので、この資格を利用して新たな職場を探す事も可能です。

介護福祉士の魅力

私もこの職業に就きたいと考えていますが、その魅力とはやはりこの資格を持つ事に対しての強みがあるからです。需要が今後も更に高まる事が予想される中、この介護に就こうと考える人も徐々に増えつつあると聞きます。これはとても素晴らしい事だと思います。

誰しもいつかは高齢者となり、介護を必要とするようになると思いますし、そんな時には頼りになるのは、若い人の力と熱意であると思います。ところで、介護福祉士として求められる事もいくつかあるようです。私を含めたこれから介護福祉士を目指したいと思っている人には、忘れていはいけない事があるように思います。
それは介護をする高齢者の方の尊厳を大切にするという事だと思います。
介護をする人を自分の親であると思ってお世話をしてあげることが大切だと思います。
そんな風に介護の大切さを感じる事が出来る人こそ、介護福祉士は向いているのではないかと思います。
そんな人達で介護福祉士の将来を意義のあるものにして行きたいと思っています。
そこに介護福祉士としての未来があり、今後新たに介護福祉士になりたいと思う若い人を増やして行けるのではないかと思います。

介護のスペシャリストとして今後も日本の介護をリードしていくべき職業であると思います。
私もいつかはその中の一人になりたいと強く願っています。