Posted in 介護福祉士の将来性

介護の仕事をしたい方は、介護福祉士の将来性と資格の取り方について

不慮の事故に遭ってしまって体が不自由になってしまった方や、高齢になって体の機能が衰えて介護を必要としている方が増えています。
最近は医療関係の職場に就職を希望されている方が多いと思いますが、介護福祉士の資格を取得したいと思っている方が増えています。
介護福祉士は体の不自由な方の体を清潔にするために、入浴介助をしたり、排泄の介助をしたり、車椅子に乗る時に補助をしたりなどの仕事です。
かなり体力が必要な仕事ですが高齢化社会で介護を必要としている方が増えているので、人手がたいへん不足していると言われています。
介護福祉士の将来性を知りたいと思っている方が多いですが、これからますます多くの方が必要になってくる職業です。
女性の方が多い職業ですが最近は男性の方も介護福祉士として、数多くの職場で活躍をされています。

介護福祉士の資格の取り方について

資格を取得したいと思っている方は福祉専門学校を卒業した方か、実務経験が3年以上の方が国家試験を受けることが出来ます。
受験科目は13科目でマークシート方式の国家試験を受けることが出来るので、筆記試験が終わったら実技試験を受ける必要があるのです。
卒業後は特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの多くの介護施設で、就職をすることが出来るので多くの方に資格を取得してほしいです。
現在ホームヘルパーなどの仕事をしている方は、資格を取得するために適した環境で働いているので、将来のために資格取得を検討されると良いでしょう。
介護の仕事を家庭の事情で辞めなければならないことがあっても、有資格であれば将来また働きたいと思った時は就職に大変有利です。
介護福祉士は人との関わりのある職業なので、職場の方や患者の方と良好な関係を保つためにコミュニケーション能力が必要になってきます。
明るい性格で思いやりがあり、忍耐強い方が向いている職業だと言えるでしょう。

介護福祉士の将来性について

賃金は看護師に比べると低いと言われていますが、専業主婦の方は仕事を持つことで、収入を増やすことが出来るので資格取得を検討されると良いでしょう。
男性の方も資格取得をして働きたいと思っている方が多いですが、賃金の昇給率などは会社員に比べると低いと言われています。
体力や思いやりが必要な職業ですが、大変やりがいのある尊い仕事だと思うので、多くの方に活躍をしてほしいです。
最近は介護施設や病院だけでなく、自宅で介護をされている方が増えているので、訪問介護を希望されている方が増えています。
住み慣れた自宅で、生活をしたいと思っている方が増えているので、訪問介護の仕事も増加しています。
食事の用意をしたり掃除をしたり、衣類の着脱の介助などをしてもらいたいと思っている方が増えているのです。
介護の仕事は、今後も決してなくなることがない職業なので、有資格の方は幅広い職場で活躍をすることが出来ると思います。
賃金や勤務時間の面で優遇する職場も数多く紹介されています。