Posted in 介護保険

公的介護保険で受けられる保障は?

どのような支援が受けられるのか

皆さんは公的介護保険のシステムについてご存知でしょうか。
現在、まだ40歳未満であるという皆さんは、まだこのシステムに加入していないため、ご存じない人も多いかと思います。
公的介護保険は皆保険システムの一部であり、40歳以降になると自動的に加入することになります。
健康保険料に介護保険料が加算される形で請求されることになっているため、サラリーマンの方などは自動的に天引きが行われているはずです、明細を確認してみてください。

さて、それではそもそもこの公的介護保険においては、どのような支援を受けることが出来るのでしょうか。
公的介護保険の被保険者は大きく2つに分類されています。

1つは65歳以上の人で、こちらは第一号被保険者となります。
こちらに該当する人は、日常生活などにおいて不便がある場合の手伝いを要請することが出来るなど、比較的自由に保険による効果を受けることが出来ます。
もう1つは40歳以上64歳以下の人で、こちらは第二号被保険者となります。
こちらに該当する人は、機関によって認定されている病気などが原因となって介護が必要となった場合に支援を受けることが出来るようになっています。

具体的には16の疾患について該当するものとして設定されています。
すべてを挙げることは控えますが、代表的なものとしては「末期がん」「関節リウマチ」などがあります。
アイスバケツチャレンジで一時期有名になった「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」も認定されている病気の一つです。

要介護認定

また、介護支援サービスを受けるためには、要介護認定を受ける必要があります。
要介護認定は「要支援1.2」と「要介護1~5」の7つの段階に分類されています。
どの程度の介護が必要であるのかによって判断されることになり、この度合いによって受けることが出来る支援サービスの内容にも違いが生じます。

まず、比較的軽い介護で十分であるという内容なのが「要支援認定1.2」です。
要支援認定1では社会的支援が必要である状態であることが条件となります。
ただし、食事や排泄のような日常生活については一人で行うことが出来る、というような段階となります。

要支援認定2においては、立ったままでいるのが厳しいような状況であることが条件となります。
さらに、清掃や入浴などにおいて週数回程度の支援が必要となる状態となります。

要介護認定はさらに厳しい状況になっていることが条件です。
この要介護1においては日常生活において若干の問題があるという程度に留まり、要支援認定とそこまで大きな違いがあるわけではありません。
しかし、要介護5となるとほぼ自分一人では生活ができなくなってしまっている状況となります。