Posted in 在宅介護

在宅介護で行うケアについて

今までは普通に全て自分の力で行っていた日常生活における色々な事が要介護者となると、簡単な事でさえ自分ひとりの力や意識では出来なくなってしまいます。
それをフォローしてあげるのが在宅介護の中で最も中心となってくる事でもあります。

在宅介護で大変なこととは?

その中でも特に大変な事はやはり「排泄」です。
この排泄が大変な介護という事の中には、ただ排泄の面倒をみてあげtる事だけではなく、介護される側の気持ちがそこには存在しているからだと思います。
人間が最低限行う事が出来る事が「排泄」である事から、それが自分一人で処理が出来ないという事について、要介護者の気持ちは人間としてとても落ち込む事になるという事と、家族であっても排泄の面倒だけはみてもらいたくないと考えている高齢者の人は多いようです。
一方、介護をする側の気持ちから考えるならば、大切な家族の介護の内の1つの仕事として見るので、抵抗感を感じながらも「やるべき仕事」として割り切って、頑張って排泄の介助をしようと思うのだと思います。
介護をする事にあたり、してあげる側と、して貰う側の間の気持ちに一定の温度の違いが生じる事がしばしばありますが、この事に関してもその両者の気持ちが上手く噛み合わないという事の1つになるのではないでしょうか。
「排泄」に関しての問題は要介護者の人間としての「尊厳」と深く関わって来る事から、慎重に考えて行動をして行かなくてはいけない介護の1つであると思います。

排泄介助の心構え

その為には出来れば排泄はトイレでさせてあげたいものです。
介助さえすればトイレで排泄が出来るならば、介護者はその間車椅子に乗せてあげたりする手間が掛かるかも知れませんが、家族がトイレで排泄を出来るという事を嬉しい事ととらえ、面倒がらずにトイレへ導いてあげて欲しいと思います。
確かに1日に何度も排泄の機会があると思うので、その都度呼ばれ、その時に他に用事があるとしても、または就寝中である時にも時間を問わずに排泄の介助の為に要介護者の元へ駆けつけなくてはいけません。
それは想像するだけでも、とても大変な事であると思います。
それでもきちんと笑顔で対応をしてあげる事は大事な事でしょう。
その理由は、嫌な顔を要介護者に対して見せてしまうと、次回から尿意を感じても我慢をしてしまうという事に結びついてしまう可能性があるからです。
結果的に我慢をし過ぎて失禁をしてしまったり、トイレにたどり着くまでに間に合わなくなってしまうという事態になってしまう事もあるからです。
そうなるとつい文句も口から出てしまう時もあると思いますし、そうなるとその事の悪循環が続く事になる可能性もあると思います。
そして寝たきりとなってしまった場合はオムツを使用することになります。
予めベッドの防水効果の高いシート等を敷いて、オムツ漏れにも簡単に対応が出来る体制を作っておくと、楽に排泄の介護が進められるとでしょう。
オムツかぶれがないかどうかをチェックしてあげる事も大切な事です。