Posted in 在宅介護

在宅介護と医療施設介護について

病院に入院中の高齢者の方のリハビリは、病院のリハビリ室において専門の人の指導により行われ、退院までにある程度のレベルまで回復する場合も多いと思います。それでも退院と共にリハビリを含む介護は自宅で行われるようになり、介護だけでなくリハビリに関しても家族の協力が必要になるかと思います。

負担軽減の為のデイケアサービス

そんな時に家族の負担を少しでも軽減する為にデイケアサービスを利用する人も多いようです。
デイケアサービスは、65歳以上の高齢者やその他には精神障害等で療養中の人等が、日中に過ごす場所として、治療やリハビリの通所として社会復帰を目指しデイケアセンアーを利用しているようです。その中で老人デイサービスセンターという施設がありますが、介護保険で利用する事ができるようです。利用できる対象となるのは、65歳以上であり心身に何らかの障害のある人で日常生活の営みに支障のある人となっています。

この施設は、入浴や食事などの提供を受けて、指導を受けながら機能を回復させる為の訓練が出来る社会福祉施設です。
通所として利用出来る施設は色々とあるようで、一般病院に隣接して建てられているデイケアサービスセンターもあるようです。

目的や内容については前者とほぼ同じようではありますが、中には出張でのデイケアを行っている病院もあるようです。医療から家庭に移ったリハビリは、こういった医療機関でのデイケアサービスにより再び医療の場へと一時的に戻る事となり、在宅介護と医療施設介護の連携が上手く取れている1つの例であると思います。

通所で行う入浴やリハビリについては、通所を利用しない日には勿論自宅で行われる事になるのですが、介護レンタル等を利用して入浴やリハビリを楽に行える福祉用具を使用する事で、随分と介護する側も楽になるのだろうとは思いますが、それでも毎日の事であると介護をする家族にも疲れが出てくると思います。

家族の気分転換に

そんな時にこういった施設を利用する事で、その日だけは1日家族も介護から開放され、ゆっくりとショッピングを楽しんだり日常の疲れを癒したり出来る機会が出来る事は、家族にとっても大きなメリットとなると思います。
そういう機会を上手く利用して気分をリフレッシュさせて、再び介護への意欲が湧いたら良いのではないかと思います。また実際に利用をする高齢者の方にとっても、入浴や食事のサービスを受けられるだけでなく、同じような症状の人と知り合う機会が得られる事は大きなメリットであると思います。

自宅介護だけで特別何処にも外出の機会がない事についてはデメリットがとても多いと思います。
自宅から外へ出て、また違った環境の場所で活動できるという事で、色々な刺激を受ける事ができると思うので、それだけでも立派な脳のリハビリにもなっているのではないかと思います。
施設ではレクレーション等も行われているようなので、楽しい時間を過ごす事が出来る事で、またデイケアセンターに行きたいという気持ちになる事が出来ると思いますし、それがまたリハビリの励みにもなるのではないかと思います。
在宅介護は自宅だけではなく、こういった施設を上手に利用する事で、家族中が良い方向へ向かう事が出来るのではないかと思います。