Posted in 在宅介護

高齢者の在宅介護の問題点

介護の担い手は減っていく

高齢者の在宅介護の問題点の一番は、介護の担い手の不足です。
日本では少子高齢化とともに、1つの世帯の人数が少なく、
夫婦または夫婦と子供のみの核家族化が進みました。

高齢になると子供も巣立ち、高齢者のみの世帯や、
夫または妻のいずれかが先立ち単身の高齢者世帯も少なくありません。

国では医療費や介護費用の抑制の観点から、病院や介護施設への入所ではなく、
在宅での介護を推進する施策を始めていますが、その担い手がいない、
もしくは介護する側もされる側も高齢者という状態が生じています。

高齢者による介護は、いつその介護をする方が病気などで倒れるとも分からず、
不安があります。最近では、介護していた方が突然病気で倒れてなくなり、
介護されていた人も衰弱死しているのが発見されるという痛ましいニュースも
少なくありません。

これは高齢者の在宅介護の大きな問題点といえるでしょう。
仮に子供が同居していたとしても、その人が会社勤めをしていて働かなければ
家族の生活が成り立たない状態だったらどうでしょうか?

仕事と介護の両立が難しいだけでなく、もし在宅介護のために
仕事を辞めざるを得なくなれば収入の途が途絶えてしまいます。
実は今、ここが大きな社会問題となっています。

高齢の両親や脳卒中などで若くして介護状態になった親の介護のため、
仕事を辞めたところ、親の細々とした年金以外に収入が亡くなり、家族の生活が
成り立たず、生活保護を受けるケースが生じているのです。

本来働ける労働力を介護の担い手に回してしまったことで、
介護費用を抑えるどころか、生活保護の支給という国民の税金による支出が
生じてしまうという、悪い循環が生まれています。

在宅介護推進と悪循環の仕組み

介護の担い手が不足しているのに在宅介護を推進することは、
大きな問題点といえるのではないでしょうか。

また、仮にその子供のお嫁さんが専業主婦であったり、
夫が1人で家計を担うことにして奥さんが勤めていた仕事を辞めて
介護に専念できる場合でも、問題は生じます。
それは介護疲れやストレスです。

介護はその状態にもよりますが、ほぼ24時間、もちろん毎日続くことです。
病院の看護師や介護施設の介護職員はシフト制で交代ができますが、
在宅介護の担い手は交代ができません。

自分のこともままならず、睡眠もおろそかになり、
体力の消耗や精神的なストレスが重くのしかかってきます。

このことが最悪の場合には介護を苦にしての自殺や殺人などの犯罪にも
繋がりかねません。社会全体で考え、サポートする体制を考えていかねばならない、
大きな問題といえるでしょう。