Posted in 在宅介護

在宅介護を始めるにあたって

「在宅介護」と言うと高齢者や障害者の家族等が自宅で介護するというイメージがありますが、この言葉に「サービス」という言葉がプラスされるとまた意味合いが変わって来るようです。
「在宅介護サービス」とは、「家族以外」の手によって要介護者の介護を自宅にて行うサービスを指すようです。
この場合のサービスを行う人とは、介護福祉士やホームヘルパー等の介護の専門職や訪問看護師等であって、それぞれの資格を有している人となります。

在宅介護は色々なサービスを活用しましょう

在宅介護とは基本的には自宅での介護となりますが、それ以外にも「通所と言われるデイサービスが受けれられる介護施設や、デイケアが受けられるリハビリテーションセンター等があります。
サービスでは他にホームヘルプやショートステイ等があって、自宅の他に通所でのサービスとなっています。
その他訪問看護や福祉用具等の利用、自宅のバリアフリーの為の改修等が挙げられます。

前述の介護に関するサービスは介護保険を利用して受けられるサービスが多く、費用の負担が軽減されるので経済的には一定の安心感が得られる事は多いと思います。
でも、在宅介護において必要な事はそればかりではないのが現実だと思います。
在宅介護を行う事においてお金の問題も考えなくてはならないとは思いますが、在宅介護には必ず要介護者のケアをする家族必要となってくると思います。
デイサービス等を受けに通所に行ってる時間以外は、基本的には自宅で過ごす事になる要介護者を支える家族の気持ちは重要な問題となってくると思います。
介護福祉士をめざして勉強をしていますが、その仕事の1つとして介護を行う家族への指導があり、その指導を行う為の勉強も必須科目となっています。
そんな時には介護について色々な事を考えさせられます。
介護する家族の気持ちとはどんなものなのだろうか?と考え込んでしまう事もあります。

介護を始めた頃は家族の事を思い、症状が改善するように願い、一生懸命に家族の介護をする人が殆どであると思います。
でも症状が改善しない上に更に症状が悪化をして行った時に、家族はどう変化をして行くのだろうか?という事を想像する事もあります。

家族で介護の話し合いをしよう

これから在宅介護を始める介護者が考えておくべき事は山積みではあるとは思いますが、どうか家族で介護の為の話し合いを十分に持って頂きたいと思います。
介護を行う上でその都度問題点や改善点が見つかる事もあるのではないかと思いますので、介護の質を向上させる為に家族全員で話し合って良い方向へ進んで行って頂きたいなと思います。

その際に是非考えて頂きたいと思う事は、介護をされる方の気持ちも十分に汲み取って頂きたいという事です。
中には家族に迷惑を掛けたくないと考える要介護者もおられるようで、老人ホームへの入所を希望するケースもあるようです。
そのような時には家族の介護が要介護者にとっては返って重荷となる事もあるようなので、お互いの気持ちをきちんと確認をする必要があると思います。
在宅介護を始めるにあたってまず初めにするべき事は、お互いの気持ちの確認であると思います。