Posted in 関連する資格

ケアマネージャー

介護の業界で最も多くの業務を担う

介護と一言で言ってもこの介護に携わるためのスタッフはたくさんいます。
介護福祉士をはじめ、福祉用具専門相談員や介護事務、またその他にも社会福祉士などがいますが、その中でケアマネジャーは特に多くの業務を任せられる存在となり、それだけたくさんの知識とこれまでの経験が必要とされます。

ケアマネージャーの仕事内容は前述のようにたくさんありますが、介護を必要とする人々が介護認定を行う際の要介護認定申請などを行うことから始まります。
もちろん飼い主に手の知性を行う前の段階で要介護者をはじめ、そのご家族とも十分なカウンセリングを行い、まずは介護が必要かどうかを判断した上で要介護認定をしてもらうための申請をしていくことが大切です。

認定結果が出た後は要介護者が快適な生活を送ることができるように、ケアマネージャーが様々なプランニングを行っていきます。
生活環境を整えるのはもちろんですが、設備以外にも十分に要介護者の体調管理などができるような環境を整えることが大切であり、精神的な部分でも支えていかなくてはなりませんので、要介護者本人と十分な話し合いなどを行いながらどのようなことを求めているのかを感じ取っていく洞察力も必要になってくるでしょう。

まずは要介護者が求めることをしっかりと見抜いてあげることが大切になります。

他のスタッフとの連携も大切

ケアマネジャーが、上記したように要介護者が快適な生活を送るための環境づくりに携わっていきますが、これを行っていくためには1人だけの力では不可能な部分がたくさんあり、介護に携わる他のスタッフと連携を取っていかなくてはなりません。
また必要に応じて医療介護認定を行った医師との連携や医療機関等との連携も図りながら要介護者の生活を見終わっていく立場となります。

その中で要介護者のご家族からの相談を受けることもあり、要介護者の精神的な部分、そしてご家族の精神的な部分はもちろんですが、経済的な部分での相談を受けた国でどのような介護施設であれば快適な生活ができるのかを考えて行くような仕事もあります。
やはりここで必要になってくるのは、各種介護に携わる有資格者との連携であり、ケアマネージャーが全ての手配を行うことができるわけではありませんので注意しておきましょう。

ケアマネージャーになるためには突如として資格を取得するための受験ができるわけではありません。
まずは実際の介護に携わっていたことが必要になり、その後ケアマネージャーになるための講座を受けなければなりません。
この講座を受けた上で受験資格を初めて取得することになりますので、ここから受験へと向かっていくことになります。

そして受験に合格した際にはケアマネージャーとして働いていくための登録を行わなくてはならず、登録証明書が発行されて、初めてケアマネージャーとして本格的な活躍が始まります。