Posted in 関連する資格

普通自動車免許

送迎ドライバー等、介護業界で運転の仕事ができるメリットについて

介護の仕事をしていくときに、取得をしておくと便利なのが普通自動車免許です。
というのも自動車を運転する機会は介護の仕事をしていると非常に多く、送迎だけでなく訪問や外出など、かなり頻繁に自動車を出していくことになるからです。
地方都市や郊外になるとほぼ自動車免許は必須となっており、求人票にもはっきりと「要普通自動車免許」といった記載があります。

大きな施設の場合は専門の送迎ドライバーを設置していますが、それでも完全に自動車運転ができなくてもよいということはありませんので、できるだけ早めに取得しておくことがおすすめです。

もちろん運転免許を取得して「介護ドライバー」という専門職に就職をするということもできます。
その場合はデイケアやデイサービス、ヘルパーさんの送迎といったことを専門的に行っていくことになるでしょう。

ちなみに介護業界における送迎に関しては普通自動車免許があれば十分であり、第二種免許までは必要とはされていません。
第二種免許はバスやタクシーなど人を運送する時に必要になる免許ですが、介護の送迎の場合は移送そのものがお金をとる仕事というわけではありませんので、第一種自動車免許までで十分とされているのです。

移送に使用される自動車でマイクロバスなど大型が使用されていることもありませんので、特に指定がなければ中型や大型の免許も不要とされています。

デイサービスなどに従事するときに、数回でも送迎を担当すると、送迎手当として給与面が有利になることもよくあります。
実生活でも必ず役に立つ資格ですので、在学中から介護の資格と合わせて検討してみてください。

最短で資格取得を目指すなら合宿免許がおすすめ

自動車免許は直接業務とは関係ありませんが、医療や介護の仕事をしていくときには絶対に取得しておいた方がよいとされています。

訪問看護で自転車やバイクの範囲内だけで活動をするという仕事の仕方もありますが、高齢者介護においては本人を移送したり買い物に出かけたりということが当たり前にありますので、免許がないとその都度別の運転手を用意しなくてはならなくなります。
採用の現場においても普通免許がないと業務が限定的になってしまうので、仮にペーパードライバーであっても取得していることはしっかり履歴書に記載しておくようにしましょう。

もし現在免許がないのであれば、最短で取得できる合宿免許を利用するのがおすすめです。
合宿免許は2週間程度で必要講習をまとめてくれているので、費用面でも時間でもかなり有利となります。

介護事業所で免許取得を支援しているところもあるので、そのあたりも相談をしてみるとよいかもしれません。