Posted in 関連する資格

福祉住環境コーディネーター

柔軟性と協調性が大切

福祉住環境コーディネーターが要介護者が在宅で介護を受ける際にどのような設備が整っていれば良いのかなどを考えながらプランを提供していく立場となります。
2000年には介護保険が導入されたことによって、介護に必要な設備の一部などをリフォームする際の費用も介護保険を利用することができるようになりましたが、このような部分についても介護に携わるケアマネージャーをはじめ、他のスタッフや実際の工事を行う建築業者、または工務店などとの連携を図りながらより良い住環境を整えていくという立場になります。

福祉住環境コーディネーターは1級から3級までがあり、基礎的な部分について理解していれば取得することができるでしょう。
2級から一級に関しては、専門的な知識を持っていなければならず、スピーディに解決策を考えることができなければ、難しいと言います。
要介護者が生活をするご家庭の場合には、バリアフリーを購入するのはもちろんですが、その他にも介護ベッドの準備や車椅子の準備、また階段部分やお風呂の手すりの設置などが必要となります。

このような部分において、住環境整えるため、様々な角度からどのような設備が必要になるのかを考えながらアドバイスしていくような立場といえるでしょう。

資格取得者は幅広い。

福祉住環境コーディネーターの資格を取得するのは介護に携わっている人はもちろんですが、その他にも建築に携わっている人や医療に携わっている人、またこの他にもご家族に要介護者がいる人などあります。
そのため専門的に介護に携わっている人ばかりが受験している資格ではなく、これまで特に介護には携わってこなかった人でも受験していることがわかります。

問題テキスト等に関しては販売されていますので、テキストを参考にしながら独学で勉強をしていくことができるでしょう。
ただ、3級は独学でも取得することが可能ですが、2級から一級に関しては専門的な知識や実務経験等が必要となるので独学だけではなく2級の取得に通信講座などを用いると良いです。
資格を取得した後は、もちろん介護に携わっていくような事業所などで働くことになりますが、思いのほか、必要な環境が整っておらず、要介護者が非常にストレスを感じる環境の中での生活を強いられている現状を目の当たりにして心を痛める福祉住環境コーディネーターもいるようです。

1人でも多くの医療介護者が快適な生活を送れるように、前述の通りに様々な角度から必要な設備などを考えていくようにしましょう。
基本的な部分においては、ケアマネージャーなどと相談しながら良心的な工事を行ってくれる業者探しなどの情報量も必要になってきます。
住環境整えるための知識だけではなく、工務店スタッフとのやり取りをしていく中で様々な情報を把握していなければならないので、このような部分までアンテナを伸ばし多くの情報をキャッチするように心がけましょう。