Posted in 関連する資格

介護事務

正しく報酬計算や請求を行う

介護事務というのは介護を使っている施設において非常に重要な役割となります。
介護保険の請求書を作成する以外にも介護報酬に関しての書類の作成などを行っていきますので、万が一間違えてしまうようなことがあれば、経営状況にも大きな影響を与えてしまうことになります。
要介護者が負担するのは介護に必要となった企業の1割となっており、残りの9割は国側が負担するシステムとなっていますが、一般的にはレセプトと言われている明細書を細かく作成し、国に提出するといった仕事内容がメインになります。

しかし、介護事務として働いていく中でレセプトの作成以外にもデスクワークの一環として電話での対応や介護施設に訪れた人の受付対応などをすることもあります。
介護を行っている現場では人手不足の状況が続いてしまい、レセプトの作成などが出来ない状況にあり、介護事務の存在は本当に大切なものといえるでしょう。
介護福祉士の資格を持ち働いている人が介護事務の資格を持っておくと介護の仕事をしながらレセプトの作成や請求なども可能になるため、働き口が広がり職場探しをする際にも助かります。

また介護事務の資格は一度取得しておけば、その後更新する必要などがありませんので万が一職場を離れてブランクなどを抱えてしまうことがあっても、すぐに職場復帰をすることができる特長を持っています。

体力的に自信がなく外のができなくても、事務として携われる

本来であれば、介護の仕事そのものに携わり、現場で働いていきたいと思っている人でも自分の体力的な問題等で直接介護する事が難しい場合もあります。
そういった場合にも介護事務の資格を持ってきては介護のの現場で働いていくことができるので、要介護者や要介護者のご家族とコミュニケーションをとりながら、少しでも力強くすることができるのではないでしょうか。

また介護事務の資格そのものについては、キャリアアップをしていくためにもとても良い存在となっており、まずは介護事務の資格を取得した後ケアマネージャーを目指すことや、介護福祉士を目指していくと言った人もいます。
介護福祉士になるためには独学で勉強することも可能ですが、レセプトの作成などは実際に行ってみなければわからない部分となりますので、通信講座などを利用するのが良いでしょう。

介護事務になるための勉強をしていく中で、ある程度介護そのものについての知識も学べるようになり、そのキャリアアップを目指す際にも役立ってくれることは間違いありません。
介護を扱っている事業所などで働くのはもちろん、その他にも診療所などで求められることもあり、僕の職場の中から自分に合った職場探しができるのもこの資格の大きな特徴になっています。

ある程度ライフスタイルに合わせながら職場を選んで行かれるので、このような部分でも大きなメリットがあるといえるでしょう。