Posted in 関連する資格

社会福祉士

専門的にアドバイスをしたり、自立の援助をしていく

社会福祉士の仕事は介護などに携わっていなければあまり耳にすることもありませんが、社会福祉士は近年とても多くの場面で求められています。
介護を必要としている人々はどのような施設で生活すればよいのかといった不安を抱えていたり、思うように入所場所が見つからずに自宅で生活しながら様々な不便さを感じたりすることがあります。

このような要介護者をはじめ、その他にも様々な場所で相談者の自立を支援するための援助を行う立場となります。
社会福祉士は介護に携わる資格を持っている人が併用して持っていると非常に役立つ資格となり、前述の通り利用者が求めているような施設を見つけたりする際にも各種専門スタッフと連携を図りながら相談者の希望を叶えていくための取り組みを行うことができます。
介護保険はもちろんですが、その他にもどのような生活を送っていけば良いのかについて介護福祉士は専門的な立場から相談者の気持ちを十分に聞き入れた上で最もよい方法を提案していくことになります。

介護福祉士は非常に幅広い知識を生かしながら働いていきますので、国家資格を持っていなければなりません。

独学で資格取得するのは到底無理な資格

社会福祉士になるためには非常に多くのカリキュラムなどを学ばなければならず、まずは、養成施設等でカリキュラムを履修することが大切です。
4年制大学や専門学校などの場合には、履修項目を全て学ぶことができますが、三年生の専門学校の場合や短大などであれば履修内容が足りないため、学校にいる間にプラスして実務経験1年から2年を必要としています。

そこで初めて受験資格を得ることが可能となり、国家資格に合格すれば、社会福祉士として働くことができるようになります。
社会福祉士の国家資格に合格するまでの間にも養成施設をはじめ、相談援助の実務経験を持つことなどが必要とされており、独学で資格の取得が目指せるようなものではありません。
上記したように社会福祉士は現在でも非常に高いニーズがありますが、今後のニーズは今よりもさらに高くなっていくと言われており、介護施設以外にも病院などで求められる事も増えていく傾向にあります。

介護福祉士は介護施設や病院、またその他にも各種地域との連携を図りながら相談者の悩みを解決することができるように懸命に取り組んでいかなくてはなりませんので、大きな心を持ち相談者の気持ちを十分に理解してあげられるだけの器を持っていなければならないでしょう。
相談に来る方々の中には明らかに自分のわがままを通して欲しいという方もいますが、このような方に対しても良心的な態度で接しながら、どうすれば自立して生活が送れるようになるのかについてを真剣に考え、最も良いと思われるアドバイスをしていくことが大切です。