Posted in 関連する資格

手話通訳士

コミュニケーションを図るために必要とされる

手話通訳士は近年、資格を取得する人が少しずつ増えていますが、介護を行っている現場でも手話通訳士は求められています。
介護を必要とする方々の中には聴覚障害を持っている方々や年齢を重ねることによって、難聴の症状がひどくなってしまった方などがいるため、ここで通訳士やコミュニケーションを図るため、他の方のスタッフなどと一緒に働きながら、要介護者の意思をしたふりしてみたり、スタッフの気持ちを要介護者に伝えたりするような立場となります。

また手話通訳士は介護センターなどで働く以外にも今後介護を必要としたい人が相談に訪れる病院や、教育施設その他にも市役所等で働くこともあります。
まず手話通訳士になるためには資格の取得をしなくてはならず、技能検定を受ける必要があります。
決して難易度の低い資格ではなくしっかりと島を熟知していなければ資格の取得は難しいと考えられるでしょう。
しかし、手話通訳士になるため、カリキュラムを組んでいる学校も増えてきているため、このような学校に通いながら近くの取得を目指すことができます。

多くの人から頼られ、笑顔にできる仕事

手話通訳士の仕事が非常に多くの人から求められることは前述しましたが、手話通訳士がいてくれることで笑顔になれる人がたくさんいます。
介護を行っている現場ではもちろん、このほかにも医療の現場などでも役立ちますが、介護福祉士として働いている人がさらに要介護者とのコミュニケーション深めていくため、手話通訳士の資格取得を目指したりすることもあります。

手話通訳士がいてくれることで、これまでは意思の疎通がうまく取れず、ストレスを感じていた要介護者でも自分の気持ちを素直に伝えることができるようになり、大きな安心感に包まれた中で生活することができるようになります。
そのため特に近年では、介護施設等で求められることが多くなっている資格ですが、上記の通り、手話通訳士になるためには多くの勉強量が必要になりますので、しっかりとした覚悟の上で取得を目指していかなくてはなりません。

資格を取得していても、手話そのものに集中してしまい、要介護者の表情を見ることができなかったりすれば、それだけで要介護者には不安感を与えてしまうことになります。
表情からの気持ちを読み取っていくことも大切なので、忘れずにコミニケーションを取っていくように心がけましょう。
手話通訳士の資格とその高いのに必要な資格を複数所持していると、多くの方々とコミュニケーションをとりながら要介護者が何を求めているのかについてしっかりと注目することができるようになります。

中にはコミュニケーションが上手に取れないからとイライラしてしまうスタッフなどもいますが、そういった現場でも手話通訳士がいることで双方のコミュニケーションを図る助けをすることができるため、要介護者も介護スタッフも常に笑顔で働けるような環境づくりを目指していくこともできるでしょう。