Posted in 関連する資格

喀痰吸引等研修

喀痰吸引等研修の資格説明

「喀痰吸引等研修」は、平成24年4月に社会福祉士及び介護福祉士法施行規則改正に伴い、介護の現場において職員がたんの吸引や経管栄養を担当できるようになったことに伴って設置されるようになった資格です。

従来まではたん吸引や経管栄養は医療行為として分類されており、医師や看護師、准看護師などの医療資格所持者以外は行ってはいけない決まりとなっていました。

たんの吸引は高齢者の多くが必要としているケアであり、口の中や喉の気管に溜まった痰やつば、鼻水などを専用器具を使って吸引する作業のことを言います。
若く健康な状態の時には、そうした喉と鼻の詰まりは自分で行うことができますが、高齢者になるとものを飲み込む筋肉が極端に衰えてしまいますので、自分でうまく排出をすることができなくなってしまいます。

特に寝たきりの高齢者にとっては、放置をしているとそこで呼吸が困難になるので、常に介護者が細かく吸引をしていかなければいけません。

ちなみにたんの吸引については平成28年1月からは介護福祉士の養成課程でのカリキュラムに追加されています。
喀痰吸引等研修を受けることにより、家族以外でも作業を担当することができるようになりました。

たん吸引は一見簡単そうな作業ですが、実際に行うにはかなり慣れやコツが必要になりますので、介護が必要になったら家族もできるだけ研修を受けることが勧められています。

喀痰吸引等研修は、介護福祉士実務者研修を受けなくともたん吸引ができるようにした実務資格です。
カリキュラムは50時間の講習となっているので、それほど気軽に受けられるものではないのですが、受講することにより衛生面や健康面を意識した介護を行うことができるようになります。

受講のメリットについて

喀痰吸引等研修と同じ内容の学習は介護福祉士の養成課程に含まれているので、どちらか一つを受けていれば法律的に問題はありません。

先に家族のたん吸引について触れましたが、介護をするのが家族の場合は無資格であっても担当をすることができます。
一方で介護職など第三者として介護をするときには喀痰吸引等研修を受講していないと違法行為になってしまう可能性があるので注意が必要です。

研修では、最寄りの自治体の指定する場所で実地研修を含む講座を受けていくことになるでしょう。

研修は第1号・第2号・第3号の三種類の段階が設置されています。
もっとも難易度の高い第1号研修では、喀痰吸引の他に経管栄養(胃ろうまたは腸ろう・経鼻)などまで行うことができるようになります。

介護の現場においては、この喀痰吸引等研修を受けているかによって担当できる介護の範囲が変わってきますので、キャリアアップのためには欠かせません。