Posted in 医療と介護について

医療と介護の境界線

在宅介護においてヘルパーや介護福祉士等の存在はとても大きく、要介護者である高齢者や、介護をする家族の方達には無くてはならない存在であるようです。実際の介護に手を貸す事は勿論の事、ケースバイケースでの介護者からの相談に乗り、適切な答えを出さなくてはならない重要な任務であると思います。それだけに一度介護者から信頼を得ると、家族の一員のように慕われ頼りにされる存在でもあると思います。

医療行為という壁

でも介護職員は医療に関しての特別な知識も資格も持ち合わせていない為、医療行為を全面的に法律で禁止をされているという事です。信頼をしている介護職員に対して家族は、色々な事を依頼するようになると言われているようです。
しかし、その依頼の中の大半が「医療行為」であるという事です。
介護従事者は法律と使命の間でいつも悩んでいるそうです。

「やってあげたいけれど、法律違反になる」という事は日常的に良く起こる事であると言っています。それでは、意外にも医療行為に当て嵌まる事はどんな事なのだろうと思い調べてみました。その中で特に驚いた事としては、湿布を貼る事や塗り薬を塗る、直接薬を飲ませる事、点眼等がそれに該当するようです。これらの事は特別な医療の知識や技術を必要とされない事であって、言い換えると「誰でも出来る事」であると思います。

おそらくは薬に関係する事を医療行為としているのだと思いますが、通常要介護者やその家族なら自ら行っているであろう簡単な行為であって、それ以外の第3者が行っても支障がないのではないかと思います。実際に在宅介護の現場でも、介護従事者の中には法律の知識はありながらも日常的に行ってしまっている事であるという実態が明らかになっているようです。そんな事実を受け近頃厚生労働省はようやく新たに医療行為の対象から外すべく「医療行為ではないもの」を具体的に指し示したようです。

容認次項が増えることを願いたい

その中では前述の薬に関する事も容認事項となったようです。この事については現実に即した指標だと思います。
今回医療行為ではない事を明確にした事で、反対にそれ以外の事柄を医療行為として明確化をした上で禁止をするという事も同時に示していると思います。医療行為でないと示した事については、その他にもいくつかあって、例えば体温計を脇の下にあててあげる事や、軽い切り傷ややけど等の外傷の手当て等も許容事項となっていています。

それでもその許容事項の中に含まれてい無い事で、実際には在宅介護の現場で日常的に行われてしまっている事がいくつかあるようですが、その1つに介護レンタルの会社でも取り扱われている「痰吸引器」による痰の吸引です。
実際に介護保険の適用される介護レンタルの商品ではありますが、家族の使用は認められても、介護従事者が代わって行う事は許容事項には含まれて居ないようです。

今回の許容事項の明記により医療と介護の境界線が綺麗に引かれた事となりますが、現実的に考えた場合には痰吸引を含むその他の許容外の事項等の内のいくつかは、線の内側に入れても良いのではないかという事柄がまだ残されているように感じます。