Posted in 医療と介護について

介護レンタルで病院と同様の環境を

福祉用具はレンタルできます

医療とは人間の体をケアする為の専門知識や技術という事になると思いますが、病院に入院をしていれば、何か緊急事態が起きた時には直ぐに対応をして貰えます。
でも、一旦病院を退院してしまうと自宅療養という形に変わりますが、その時に病院に入院しているのと同じ環境を作り出すには、まずは福祉用具と言われるベッド等が必要になると思います。

この様な用具は介護レンタルの会社でリースをする事ができます。
このような会社では介護用のベッドの他にも自分でベッドから立ち上がる事を支援する構造となっている自立支援ベッドや、車椅子、持ち運びの出来る小型の吸引機や吸入器等の在宅医療機器等のレンタルも出来るようです。

レンタル料についてはとてもリーズナブルな価格設定となっている会社もあるようです。
費用の面で言うと、医師に要介護の意見書を作成して貰い、審査で認定を受けると介護保険を利用する事が出来るようになるようです。福祉用具のレンタルについても、介護保険を適用する事で1割負担で利用ができるようになっているようです。
この事は、医療の一部を自宅療養という形で病院から自宅介護へとバトンタッチされた1つの例であると思います。

勿論、医療に関する行為は医療従事者以外には許されていないので、そこには実際問題として限界が生じているようです。その理由により、冒頭でも述べた様に自宅での療養には、病院に入院している時の様な緊急性に対応できる環境は出来ていないのが現状である為に、普段から介護福祉士やヘルパーやケアマネージャーが高齢者の方の健康を管理するシステムが必要なのではないかと思います。

そして、定期的に高齢者の方の健康チェックの結果を病院の主治医に報告し、病院に受診することを勧めたり、健康に関するアドバイスを看護する人に伝えるシステムが出来たら、医療と介護はうまく連携体制を取って行けるのではないかと思います。自宅での医療には今後期待される事は多々あるのではないかと思いますが、介護福祉士の行う仕事は沢山あるので大変ではあるとは思います。

介護福祉士の仕事として

介護福祉士としての仕事は、人が普通に生活を送る上で困難となっている事の援助をするという事ですが、例えば食事の用意や介助、排泄や入浴の介助等も仕事に含まれています。その他にも介護の計画を立てたり、リハビリテーションの援助等も行うようで、仕事は盛り沢山のようです。

その他の仕事としては介護を必要とする人の家族に対して介護についてのアドバイス等を行う事も仕事となっているようです。病院と介護の連携は大切でありますが、同時に介護福祉士と家族の連携も大切であると思います。

家族は介護福祉士がいない時も原則24時間体制で介護に当たる立場にあるので、十分なアドバイスをする事と同時に家族が介護を少しでも楽に行えるように、介護レンタル等の利用を勧める事も必要な事なのではないかと思います。特にリハビリに必要な用具や自立ベッド等は介護をする側もされる側にとっても要介護者の自立を促進できる用具であると思います。