Posted in 医療と介護について

在宅介護の強い見方ー「地域包括支援センター」

介護保険法の改正について

介護保険法は制定以来何度か改正が行われています。
その中で2005年に改正された法律にて「地域包括支援センター」が各区市町村に設置される事となりました。
その目的を簡単に説明すると、地域の保険や福祉に貢献をし、より良い医療を住民が受けられるように手助けをして、要介護者とならないような予防についてのアドバイスを行ったり、要介護者の虐待の予防も行っている機関であります。

センターでは保健師や主任ケアマネージャー、そして社会福祉士が待機していて、それぞれの専門性を活かした相談業務が行われています。
センターで相談が出来るという事は、自分の生活する圏内でのサービスのマネージメントをして貰えるのです。
どこに相談をして良いか分からない場合や、あちこちの行政機関に相談をするよりは、地域包括支援センターで相談をする事で、1度で満足の行くアドバイスを貰えるという可能性が高い事や、各区市町村に設置されているという事で、誰もが気軽に利用できる機関となっているようです。

地域包括支援センターで仕事をしている職業の中で「社会福祉士」という資格を持った人がいますが、この資格は介護福祉士と並ぶ福祉の国家資格になります。
「ソーシャルワーカー」という言葉を耳にする事がありますが、それがこの資格であります。
社会福祉士の主な業務とは、高齢者や障害者の他にも児童や生活に困窮する人に対して福祉に関する相談に乗り、アドバイスや指導をしながら福祉サービスや医療との橋渡しをする事です。
具体的には各施設との連絡や調整を行っている職業ですが、この名前は活躍をする場所によって少し名前が変わるようで、福祉相談窓口ではソーシャルワーカーという名前の他に「ケースワーカー」とも呼ばれています。
病院や保健所等の医療機関において、患者さんやその家族の人の経済的な相談を受けたり、社会復帰に関しての援助もしてくれる職業として「医療ソーシャルワーカー」とも呼ばれているのです。
そして、福祉施設においての社会福祉士は「生活指導員」という職務を担当します。
このようにソーシャルワーカーとは、方々の場所で活躍している福祉のプロであるようです。

社会福祉士に悩みを相談しましょう

そんな社会福祉士のいる地域包括支援センターは、「要支援1.2」と認定されている人や要介護者とはなっていないものの基本的な生活を送る機能の低下に不安を感じている高齢者の人が、今ある機能を維持していく事ができるように、また介護が必要ではあっても機能の改善が出来るようなサービスの利用を考えてくれます。

高齢者の人やその家族等地域に住む一人暮らしの高齢者の介護、医療や保健等についての悩みを受けたりアドバイスをしたりします。
その際に介護予防サービスなどの紹介も行っているのです。
そして、地域の高齢者の団体の活動支援をおこなったり、ケアマネージャーが医療機関とのネットワーク作りを行う等をしています。
特に高齢者の人が認知症であった場合に虐待を防止したり、財産を管理する事に対しての支援等も行っています。