Posted in 介護業界の気になるニュース

介護業界で英語?

介護業界で英語が話せるメリットについて

どの業界にも言えることですが、今後就業をしていくときには英語能力がどのくらいで備わっているかということがポイントになってきます。

一見高齢者が現場に多い介護業界において、英語能力は必要がないかと思われるかもしれませんが、既に英会話が話せる介護士の需要は業界全体で高まってきています。

介護現場よりも先んじて英語の重要性が知られるようになったのが医療業界です。
都心部を中心に病院などの医療施設を訪れる外国人の数は増加しており、緊急の場面で意思疎通を取れるかどうかということが問題になってきています。

まず最も身近な問題として、外国人介護士とのコミュニケーションの問題があるでしょう。
介護業界での人材不足を補うために海外から人材を集めているという企業もあり、日本人スタッフとともに介護の仕事にあたっている人も数多くいます。
そうしたときに英会話が使えるかどうかで、仕事をしていくときの連携が取りやすくなるので、介護の現場で主に使用される英語について身につけておくことが推奨されているのです。

外国人介護士の導入はかなり以前から行われてきたのですが、日本で勤務をするためにはかなり難易度の高い日本語を習得していなければならないという決まりがあることから、他の業界よりも導入が遅れているというのが現状です。

今後は規制が緩和されることも考えられるので、ますます英語が使える介護士の需要は高まっていくことが予想されます。

外国人の介護をする可能性も

また、この先介護を受ける側も日本語が話せない外国人ということも出てくるでしょう。
既に日本で生活の基盤を築いている外国人の労働者はかなりいますし、その代替わりをするのはそう遠い未来ではありません。

医療の現場においては最初に病状を聞く看護師が英語を話せるようになっておくということがかなり強く推奨されていますので、そうした人が介護を受けることになった場合にどう対処していくかということが介護事業所の問題になってくるのです。

それと都市部だけでなく地方都市でも外国人と結婚をする家庭が増えたことにより、家族との話し合いに英語が必要になる場面が出てきます。
外国人の妻を持った日本人も既にかなりおり、十分な日本語を話せないままに日本での生活をしているという人も多く見られています。
そうした人たちに対して介護のサービスをしていくときに、日常でどんなケアが必要かや緊急時にどういった対応をしていくかということを細かく指示できる人材が必要です。

または介護士自身が日本を離れて海外で介護の仕事をしていくためにも、英会話のスキルは必要になってきます。
様々なキャリアアップにつながるスキルなので、ぜひ積極的に身に着けていってもらいたいです。