Posted in 介護用語集

た行の用語

短期入所生活介護(ショートステイ)とは

特別養護老人ホーム等に短期間入所し、そこで策定されたケアプランに基づき、介護サービス、食事サービス、生活支援サービスなどを短期的に受ける事を短期入所生活介護、またはショートステイといいます。
介護サービスのうち、在宅サービスの一つです。
基本的に医療的サービスを受けることはできません。
ボランティア行事などに参加する等の施設もあります。

短期入所療養介護とは

短期入所生活介護をショートステイと呼びますが、短期入所療養介護も同じようにショートステイと呼ばれることがあります。
どちらも在宅サービスの一つであり、介護老人福祉施設等に短期入所する事をいいます。

短期入所生活介護同様に、介護サービス、食事サービスなどを受けますが、日常生活を円滑に送る事が出来るように機能訓練などのサービスも受けることができます。
医学的管理のもとで行われる療養サービスという点が異なっています。

通所介護(デイサービス)とは

デイサービスセンターなど通所介護を行う施設で、食事、入浴等日常生活の支援サービスを「日帰り」で受ける自宅サービスの一つを、通所介護・デイサービスといいます。
施設によって送迎などがあり、趣味を楽しんだり通所介護を利用する利用者と会話を楽しむ、またリハビリ訓練など儲けることができ、幅広いサービスが魅力です。

施設においてほかの利用者の方々と接する機会となるため、自宅への引きこもり、孤立などを感じることも少なくなります。
介護をするご家族の負担を軽くするためにも利用されます。

通所リハビリテーション・デイケアとは

利用者の主治医が医学的管理の元、リハビリテーションが必要な状態と認めた場合利用できる施設を通所リハビリテーション・デイケアといいます。
送迎によって日帰りで利用できる施設で、医療機関、老人保健施設などにおいて、機能訓練などを受ける事が出来ます。

リハビリ計画については、理学療法士・作業療法士が計画を立案し、本人、ご家族の少量を得てリハビリを行います。
通所リハビリテーションを利用する事で、レクリエーション、リハビリテーションなどを通じ、身体機能回復などを測る事が出来ます。

特別養護老人ホーム・特養

一般的に特養と呼ばれることが多い、介護保険法の規定による介護保険施設を特別養護唐人ホームといいます。
月額利用料が低く入居希望者が多いため、入居までに数年かかります。

現在は相部屋、個室があり、施設サービス計画に基づき、入浴や排泄、食事といった日常の基本的な動作の支援に加えて機能訓練などのサービスを受けることができます。
常に介護が必要であり、自宅での介護が困難となった方が利用できる介護サービスで、入居には要介護度1以上が必要です。