Posted in 介護施設の種類

介護老人福祉施設

近年では入所者の数が増える傾向にある

介護老人福祉施設は一つの福祉施設において原則として定員30人以上となっています。
食事のケアや入浴、排泄をはじめとした介助が行われ、健康管理もしっかり行われます。
療養所基本的には部屋の中で生活をするものではなく、一人一人が自由に生活をすることができるような環境にいる場合がほとんどです。

入所した後で様々なケアを受けることが可能で、入所する際に考えられたケアプランに基づいて様々なケアが実施されることとなっています。
まず一つ目には課題分析があり、アセスメントと言われていますが、入所したご本人はもちろん、その他にも入所者のご家族との面接を定期的に行い、その都度ケアプランをしっかりと考えていきます。

さらに入所した後、実際に自分で身の回りのことができるようになったりする方々もたくさんいるため、面接を行った際には契約の見直しを行い、変更点があれば新しい契約書の作成も行います。
必要に応じてケアプランを変更していくことで経済的な負担を減らし、ご本人の自立性のものを大切にしていくといったシステムが整っています。
日常生活における援助や機能訓練などをメインとして扱っていますが、在宅介護が難しい場合などの入所者がほとんどです。

設備が整った施設が増えている。

介護老人福祉施設は近年、様々な設備が整ったところが増えてきており、入所者がより充実した生活を送ることができるような努力を続けています。
入手する為にはまず在宅介護が難しいと判断された場合、十分なケアを受けるために入所後の生活などについても相談した上で入所することになります。

入所後に自立した生活が送れるようになり帰宅する事は可能だと判断された場合には、改めて環境を考えなおし、少しでも早く自宅で生活ができるように手続きなどの援助を行うことにも注力しています。
主なケア内容は、入浴や排泄の介助はもちろん、その他にも着替えや片付け、食事に関して、などの介助、その他にも様々なケアがあります。

適度なレクリエーションなどを行うことで入所者の自立を助けていきます。
また、入所している要介護者とご家族が交流を図ることができるように、多くの時間を設け、コミュニケーションをとる時間を大切にしていくような特徴もあります。
65歳以上の高齢者が入所する施設となっており、最終的には自宅で生活が送れるようになることを念頭に置きながら、その後のケアを行っていく形となります。

要介護度に基づいてのケアが行われるため、必要以上に身の回りの世話をされてしまうようなこともなく、入所者は本人の意思や行動そのものをしっかりと尊重させた生活を送ることができます。
前述の通り個室で生活することが多い介護老人福祉施設は入所者それぞれの個性が活かされ、これまでのライフスタイルを可能な限り守りながら生活を送ることができるため、入所者が感じてしまうストレスも少ないと考えられます。