Posted in 介護施設の種類

介護老人保健施設

短期間の入所者がほとんど

介護老人保健施設は1時的に色々なケアを受けながらこの施設で生活することにより、最終的には在宅で生活できるように一定期間生活をする場所となります。
原則として65歳以上の高齢者であり要介護度が1以上の場合には入所することが可能ですが、長期的に入院が必要だと診断されてしまった場合や、伝染病などの病気がある場合には入所することができません。

一般的には療養期間を含め3ヶ月から半年程度で自宅での生活をする人が多くなっており、長くても1年程度の入所で、その後は在宅での生活を行います。
またどうしても在宅での生活が難しい場合には有料の老人ホームなどに転居をする人もいるようです。

基本的には有料老人ホームではありませんので、入居する際のまとまった1時金等は必要となりませんが、個室の場合と相部屋の場合とで月々の利用料金が変わってきます。
この月の利用料金には家賃を含めその他にも管理費や光熱費、雑費、食費などがすべて含まれており、この月の利用料金に加えて、必要な医療費を支払う仕組みとなっています。
入所を希望する際には施設で直接申し込みをすることになりますが、その際には医師の診断書や意見書などが必要となります。

短期の契約で在宅での生活が行えるようになる。

介護老人保健施設は医療ケアに関しての設備が整っているため、短期間で十分なケアが行われ、その後は在宅による生活ができるようになります。
入所期間中は当然必要なケアを受けることができるため、一定期間の入念なケアを必要としている人や、短期間で集中して栄養補給を行わなければならないなどの場合にも入所することができます。

また必要に応じて食事や排泄、また入浴後のサポートを行ってもらうことができます。
前述の通り要介護認定が1以上の場合には必要な介護を受けることが可能になっています。
またリハビリなどを積極的に行っていくため、自立した生活が送れるようになるまでの期間もスピーディで、ご本人の精神的な部分もしっかり支えながらケアが行われるといった特徴もあります。

近年ではこのような老人が入所する施設において、認知症の罹患している方は入所を断られてしまうようなこともありますが、介護老人保健施設では積極的に受け入れを行っており、他の入所者に対して多大なる迷惑を掛けてしまう行為等が認められなければ、入所することが可能になっています。
必要な医療ケアと介護ケアを受けながらの生活で、ご本人も非常に快適な生活が送れるといった特徴があり、月々の利用料もリーズナブルなことから、以前も現在も需要は変わっていません。

また要介護認定1以上の場合、どれだけの介護を必要とするのかについては、入所前に面接が行われますので、そこで具体的な相談を行うと良いでしょう。