Posted in 介護施設の種類

介護療養型医療施設

医療を必要とする人が優先される

要介護認定を受けた人々が入所して生活を送って行く場所には様々な部分がありますが、最も多くの医療ケアなどを必要とする方が入所する場所に介護療養型医療施設があります。
医療と言っても名前にあるように療養を行うための医療を受ける場所となっており、治療が必要な場合には、入所することはできません。

要介護認定が行われた際の介護度が高ければ高いほど優先して入社することが可能な施設となっています。
介護療養型医療施設では、有料老人ホームと違っているため入居する際に1時金等を支払う必要はありません。
そのためここでの費用が必要になってしまうような心配もありません。

入居した人は月々の家賃や食費、光熱費また必要に応じての雑費などが必要になってくるのですが、月の利用料として、すべてが含まれての請求になります。
入居する条件については原則として65歳以上の要介護度が1の場合となっています。
治療そのものはある程度終了しており、病状が安定している状態で、更に療養を必要とする状態であれば主治医の意見書や診療所などをもとに直接申し込みするような形となります。

面接が行われ、その後入社といった流れになっていますが、前述の通り要介護度と医療処置の必要性によって入居者が優先されることになっています。

専門家による原案を受けながら、安心した生活が送れる

介護療養型医療施設では、看護師や医師などが常駐しているため、必要なケアを常に受けられると環境が整っています。
また健康管理を行うための食事内容などについても十分に検討され、リハビリが必要な人には理学療法士がいますので多角的なケアを受けることが可能です。
体の機能を回復させるためのリハビリを行っていく中で最終的には在宅で自立した生活ができるように積極的なリハビリが取り入れられています。

そのため、こうしたリハビリなどが中心となっており、有料老人ホームなどのように楽しいレクリエーションなどが充実しているわけではありません。
もちろん音楽を聴いたり、何か映像を見るといった時間を過ごすことが可能ですが、必要以上に全員が集まり、レクリエーションを行うことはないと考えておいた方が良いでしょう。

多くの施設で4人から6人部屋がたくさん準備されており、これ以外にも個室が準備されていますが、個室の場合には手続きが必要になってしまうため、相部屋で生活をする人がほとんどのようです。
アイディアで生活をする中で同じ部屋の人々と会話を繰り返し、少しずつ元気を取り戻すといった入所者の方々も多い傾向にあります。
介護認定が行われた後に、月々にどれだけの費用が必要になるのかといった部分についてはケアマネージャーなどに相談し、具体的な金額を知っておくと良いでしょう。