Posted in 介護施設の種類

養護老人ホーム

様々な理由による入所者がいます

養護老人ホームはこれまでにも最も多いと言われている老人施設となっており、体が不自由だと言った理由はもちろんのこと、それ以外にも精神的な理由、また経済的な理由で自宅で生活をするのが困難だと判断された場合に入所することができる施設となっています。
そのため養護老人ホームに入所する方々は自分で自立した生活ができることが第1条件となっています。

入所審査そのものは各市町村が行っていきますが、特に自宅での生活が難しくなってしまった方の中でも、経済的な状況により有料の老人ホームに入所することができない人などが優先して入所することができます。
養護老人ホームに入所する条件は上記したように自立していることはもちろんですが、65歳以上で病気がない事も大切になっています。

要介護1以上の認定などを受けている人の場合には入所することができませんので覚えておくようにしましょう。
また入所期間については一定期間となっており、それぞれの状況などによって期間が決められる仕組みになっています。
入居する際の一時金なども必要とされておらず、月々の利用料の比較的リーズナブルなので、これまでにも多くの人が養護老人ホームを利用しています。

自立した入所者のため、和気あいあいとしている

養護老人ホームに入所する人々は、それぞれが自立した生活が送れる状態なため、毎日様々な会話を楽しんだり、レクリエーションを楽しんだりして雰囲気が和気あいあいとしていることがほとんどです。
中には自分の希望としない理由により入所している方もいるため、このような方の場合にはなかなか笑顔を見せてくれなかったりするようなこともありますが、それでも他の入所者とコミュニケーションをとっていくことで徐々に笑顔を見せてくれるようになるケースもあります。

要介護認定を受ける必要がありませんので、ここで入所までにかかる時間を短縮することができますが、その反面で養護老人ホームに入所を希望する人が多くなっているため、単純に入所待ちをしなければならないような市町村もあります。
最も重要視されるのは、やはり経済的な部分となりますが、その他にもご本人の精神状態を考慮して自宅で生活するのが難しいと判断された場合などには優先して入所することが可能になっています。

家庭の状況が整い次第、自宅復帰をして生活する事も可能になっており、反対に万が一病気が発症してしまうなどの場合には養護老人ホームからその他しっかりとしたケアが受けられる施設への転居をアドバイスされるような場合もあります。
しつこいようですが、あくまでも自立した生活が送れることが大切なので、病気などでの療養が必要になってしまった場合には、そのまま生活を続けていくことができず他の施設を探すことになります。