介護福祉士を目指しています

介護のプロとして技術以外に知識も豊富

近年介護の現場というのは、次々にスタッフが求められ、多くの介護施設等で介護に携わる人々が求められています。
介護に携わる人々は多くの資格を取得しており、こうした資格をフル活用しながら働いています。

介護といえばホームヘルパーなどが有名ですが、今後はホームヘルパーだけではなく介護福祉士の需要が今よりも更に高くなると言われています。
介護福祉士はホームヘルパーとさほど変わらない仕事内容だと思われているような部分もありますが、確かに要介護者に対しての介護といった部分ではホームヘルパーとさして変わらないような内容となっています。

しかし介護福祉士の場合にはホームヘルパーよりも多くの知識を持ち、単純に身の回りの手助けをするだけではなく、要介護者の精神的な部分までケアをしていくことが求められます。
さらには要介護者を支えるご家族に対しても介護福祉士が様々なアドバイスをしながら日々の生活を少しでも助けることができるように取り組んでいきます。

介護福祉士になるためには事前に実務経験を積んだ上で1年に一度の資格を取得する方法と、養成を使っている大学や専門学校などを卒業するといった方法があります。
すでにヘルパーなどとして働いている人の場合には、3年の実務経験を経た後、受験のための資格を取得することになりますが、これでも独自の勉強方法が必要になってくるため、通信講座などを利用する人も沢山います。

遅咲きの介護福祉士も多い

介護福祉士は前述の通り実務の経験を3年間行う、もしくは養成施設などの学校を卒業する方法がありますが、それ以前の段階で特に資格の取得などが求められていないため、誰でも目指すことのできる資格となっています。
そのため、遅咲きの介護福祉士は次々に増えている状態で、これまではまったく違う仕事をしていた人でも養成施設に通い、資格を取得するなどといったケースがあります。

独学で勉強する場合には、過去の問題などを中心に何度も繰り返し行っていることが大切ですが、実際に解剖する場面においてわからないことがあっては困りますので、やはり養成施設等でしっかりと学ぶ人も多いようです。
介護福祉士は必要に応じてたんの除去のための介護なども行っていきますので、その分多くの知識が必要となり、経験があればあるほどに多くの現場から求められるでしょう。

介護福祉士が活躍できる場面ら非常にたくさんあり、老人ホームやケアセンターはもちろん、その他にも訪問介護を行っているような施設や要介護者が通ってくるデイサービスなどでの需要が高くなっています。
今後介護福祉士の需要がさらに高くなる見込みと言われており、興味があれば早いうちに資格を取得しておくと良いでしょう。

多くの要介護者が思うような介護を受けられない現状の中、介護福祉士の存在は非常に助かるものだと言えます。